詰め物、被せもの

虫歯を削った時にできた空洞や歯を覆うように被せるものには、保険適応金属、保険適応外金属、材料があります。
健康保険適用金属で制作されると一般的に言われる「銀歯」となります。

銀歯がお気に召さない方には、以下の材料を使用することにより目立たなくなります。


ゴールドインレー・クラウン 

色は金(14K~22Kの金を材料)


ハイブリットインレー・クラウン

ほぼ歯と同じ色(プラスティックと陶材を混合した材料)


オールセラミックインレー(白)

高品質の陶材を配合した材料


メタルボンドクラウン

茶碗などと同じ様な陶材を金属冠に焼き付けて制作します。


それぞれ良い点がありますので、銀歯を入れるのを戸惑っている方は、一度ご相談ください。ゆっくりお話をお聞きいたします。